暴力に教育虐待 そして「誘われた」と責任転嫁 未成年の家族に性的な目を向ける男たちの共通項 前略、塀の上より(11)|高橋ユキ

シェア
webゲンロン 2024年3月28日配信

 今回も冒頭からしばらく、自分が取材で見聞きした話であるため、参考記事出典のない話が続く。ご容赦願いたい。

 先日、東京地裁立川支部に傍聴に行った際のこと。目当ての裁判の合間に「強制わいせつ罪」の審理をやっている法廷に入った。被告人名は伏せられ、開廷表には「被告人」としか記されていない。最近、こういうことは珍しくはない。ただ、この対応と罪名から「被害者は被告人と密接な関係にある者」であるという推測ができる。被告人の氏名が公表されることによって被害者の個人情報が辿れる可能性がある場合、被告人名が伏せられる傾向が見られるからだ。この記事も被害者のプライバシーを明らかにすることが目的ではないため、念には念を入れ、傍聴した日時や法廷は伏せる。

 さてその法廷で被告人として長椅子に座っていたのは見たところ高齢男性。聞けば自分の孫へのわいせつ行為によって逮捕起訴されていた祖父だった。「こんな感じで……」と手のひらを開いて円を描くようなジェスチャーをしている。刑事裁判では裁判所が証言者の発言を記録している関係から、言語化しづらいジェスチャーは御法度だ。自由な被告人であることは一瞬で分かった。そんなジェスチャーは何をしている再現かといえば、夜に寝ている孫の性器を触ったときの様子だという。ディープキスにも及んだというが被告人は「お仕置きだった」などと話していた。

 配偶者や内妻ではない家族に性的な目を向けて逮捕起訴された被告人が「言いがち」だと思いながら聞いていた。自分が性的な行為に及んだのはもともと相手に非があったからだ……これはもはや常套句である。

 ここからは出典ありの記述になる。2017年と2023年の刑法改正により、性犯罪の要件や罰則規定は大きく変わった。まず2017年改正により、強姦罪が強制性交等罪に。改正前は「女子を姦淫する」ことが「強姦」だと定められていたが、2017年改正後には口腔性交や肛門性交も該当するようになった。そのため被害者の性別が問われない。2023年の改正ではさらに「強制性交等罪」が「不同意性交等罪」となり、罪の成立に必要な要件が増えた。従来の「暴行や脅迫」だけにとどまらない内容となっている★1

 近年の性犯罪における刑法改正の動きの中で、2017年に新設されたのが「監護者性交等」「監護者わいせつ」である。条文を見てもらうのが手っ取り早いが、監護者が18歳未満の者にわいせつな行為や性交等をすることに対し罰則が設けられた。

(監護者わいせつ及び監護者性交等)
第百七十九条 十八歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じてわいせつな行為をした者は、第百七十六条第一項の例による。
2 十八歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じて性交等をした者は、第百七十七条第一項の例による。★2
[筆者補足:176条は不同意のわいせつな行為、177条は肛門性交、口腔性交を含む挿入を伴うわいせつな行為を定義するもの]

 そもそも「強姦罪」で起訴するには姦淫に際し暴行や脅迫がなければならない。だが監護者という立場に乗じて性交やわいせつ行為に及んだ場合、暴行や脅迫がない場合がままある。この要件により、2017年の刑法改正まで、監護者による意に沿わない性行為を事件化することは困難であったことだろう。

 刑法改正についての解説は過去に書いた記事を参考にしていただくとして★3、今回は冒頭の裁判のように、自分の家族に対して性的な目を向けたことで起訴された被告人が言いがち・やりがちなことなど振り返りたい。

 

 冒頭の裁判は祖父による孫への事案だが、以降は父親から娘への事案となる。取材で見聞きした話を織り交ぜ、過去に記事にした事件については、そのURLを記すこととする。だが記事にしていなければ、その事実を事実として証明することができない。私の取材の報告をどこまで皆さんが信用してくださるか心配だが、お付き合い願いたい。

 2017年までは監護者(主に実父・養父)からの子へのわいせつ事案があっても、それそのものとして罰せられることはなかった(児童福祉法違反などになってしまう)。改正によってようやく「監護者からのわいせつ事件」が可視化されるようになったともいえる。そのため改正後からは、裁判所に出向いた際に、監護者性交等や監護者わいせつの裁判があれば、つとめて傍聴するようにしてきた。だが、これは相当骨の折れる取材である。冒頭の裁判のように、家族ならではの事情があったからだ。

 父親や養父などから18歳未満の家族へのわいせつ事案は、被告人の氏名がほぼ明らかにならない。被疑者被告人の実名を報じることで、被害者のプライバシーが明らかになるおそれがあるためだと推察される。冒頭の裁判のように「被告人」もしくは「被告人名秘匿」など記される。空欄の場合もある。裁判所内は写真撮影が禁じられており、開廷表を撮影することが不可能であるため、この実態についても、私の記述以外に証明する手立てがないのがもどかしい。

 先日、富山で父親から性被害を受けていた女性が実名でメディアの取材に応じたこと、そして父親の氏名が大きく報じられたが★4、なぜ大きく報じられたかといえば、それまでそういった事案は報道の際、匿名だったことも影響していると私は思う。

 富山の報道は稀有な例であり、通常は逮捕時に実名報道がなされないため、公判の情報もなかなか得ることができない。氏名が分からなければ期日を知る手掛かりがないからだ。そのため「たまたま開廷表で罪名を見つけた」という場合にのみ傍聴が叶うのである。毎日裁判所に通っていれば、もっと多くの裁判を取材できたとは思うが、それがなかなか難しいことは皆さんにも想像できるだろうと思う。

 氏名だけでなく秘匿範囲は生年月日、本籍、現住所にも及ぶ。刑事裁判で冒頭に行われる人定質問で通常明らかになる内容が全て伏せられる。被害者氏名ももちろん秘匿される。私が初めて監護者性交等の裁判記事を執筆したのは2020年★5。幸いなことに初公判から傍聴できた。

 東京地裁で傍聴したその裁判、起訴状によれば被告人は2017年の8月、同居していた実の娘(当時17歳)に対し、被告人方において性交したというのだが、こういった事件ではそれ以前から長期にわたって同様の行為が繰り返されていることがままある。被告人と妻、被害者である長女と弟との4人暮らしの中、被告人は長女が小学生の頃から寝室に入るようになった。

「被告人は被害者が小学校5年生の頃、妻が仕事で留守の時に被害者の寝室に入り、陰部を触る、胸を揉むなどの行為をしていた。さらに被害者が高校生になると何度も性交するようになった。被害者は当初、特段抵抗しなかったが次第に嫌悪感を抱くようになり、高校生になった頃には、被告人からは逃れられない、家族が崩壊するなどの思いから周囲にこれを言えずにいた。被告人は(8月の)犯行後も性交を続けていたが、今年2月、被害者が自宅で硬直状態となり病院に赴いた際、主治医に相談して初めて発覚した」(検察側冒頭陳述)

 性的虐待を行っていたこの被告人には、暴力を振るうなどの身体的虐待や、厳しい勉強のノルマを課すなどといった教育虐待的行為も見られた。この被告人だけでなく、複数回、そういった事案を見た。この件では、被害者は「幼い頃から暴力を受けていた。お父さんは怒りっぽく、勉強ができないだけで問い詰める。小学校2年生の夏、塾の受講料が高いといい、自宅で勉強を教わることになりましたが地獄の日々でした。できないことがあれば頭を叩き『バカ』『アホ』と怒鳴るので何も頭に入って来ませんでした」と、幼い頃から身体的な暴力を受けてきたことを調書に語っている。

 のちに千葉地裁で傍聴した監護者わいせつと傷害の裁判でも同様に、被告人は被害者である義理の娘が小学生の頃から体罰を加えていたことが明らかになった。「門限を守らなくなり、些細なことで嘘をつくようになった。遊びに行く場所も嘘をつく。B(被害者の法廷での略称)の携帯電話にGPSをつけていた、それで分かったり、また私自身が、約束していた場所と違うところからBが帰ってくるのを見た」と被告人は被害者の素行を理由に体罰を正当化していた。このように自身の行為は被害者に原因があるのだと責任転嫁するのもまた定番だ★6。タブレット学習をしていなかったという名目で正座を強要し夜中二時まで勉強をさせてもいる。

 暴力は、同じく千葉地裁で傍聴した監護者性交等と児童ポルノ禁止法違反の公判でも見られた。この事案は被告人の行為はもとより法廷での証言が印象深い。被告人は当時15〜16歳だった義理の娘に対し性交したとして起訴されていたが、娘が法廷で語ったところによれば、性交を断ると暴力を振るわれていたという。これまで挙げた事件と同様、被害者は長きにわたり性的虐待を受けており、初めて被告人から性的な行為を要求されたのは小学校5年生のときだった★7

「『殴られるか、しゃぶるか選べ』と言われ、最初はどちらか選ばずに拒否していたら、何度も殴られたので最終的にはしゃぶることを選びました」(被害者の証言)

 被告人は妻がいないタイミングを見計らって被害者に性的行為を要求し続け、小学生時代には口腔性交だったが、いつしか膣性交となった。避妊をせずに性交することもあった。「拒絶すると叩かれたり、暴力を振るわれたりした」(同)ことから、被害者は被告人の行為を明確に拒否することはできなかった。

 ところが当の被告人は自身の行為をやはり被害者に責任転嫁した。「性交はいずれもA(公判での被害者の呼称)から誘われて行った」「歩道橋で自らAがスカートをまくった」「Aは性交、わいせつ行為、自ら望んでいた」などなど法廷で述べたのであった。

 監護者性交等ではなく、児童福祉法違反の罪名でも、被告人が実の娘に対して性交した父親だったことがある。東京地裁で傍聴したこの事件はもっとも印象に残っている。当時18歳未満だった娘と性交して、あろうことか自分の子を2人も産ませたのだ。その2人の子が保護されている児童相談所からの情報提供により、事件が明るみになった。2017年刑法改正前の出来事であるため、監護者性交等ではなく、児童福祉法違反での起訴となったようだ★8

 自分の娘に自分の子を産ませるという非道な行為が公になることが余程嫌だったのか、被告人はかなりクセの強い抗弁をした。否認しているのはもちろんであるが、裁判手続きそのものに違法な点があるという否認の仕方だった。

「まずあの、今、起訴状ですね、それが犯行場所の住所が、記載されている住所と、起訴状記載の住所が違います! で、え〜っと、またですね、犯行日時や場所等を、検察官は証拠から可能な範囲で特定するとしていますが……他県の警察が扱う同一の犯罪と本件を別にするため意図的に、証拠と違う住所を記載したのでは……また東京都は公訴犯罪事実を放置していた……子供たちの人権を著しく侵害している……」(罪状認否での被告人の証言)

 この裁判は長期間続いたが、その大部分は被告人のこうした抗弁を聞くという時間に充てられた。判決言い渡しでも意見を言おうとした被告人はついに退廷させられていた。

 これまで挙げてきたように彼らは子供が小学校高学年の頃から性的な目を向け始め、暴力や厳しい教育などと並行して性的虐待が続けられる。法廷では子供のせいだというような主張をしたり、または否認したりすることも多い。検察官が証拠請求する被害者の供述調書を弁護側が不同意とするため、被害者本人の証人尋問が行われることになる、という展開をみせることもままある。

 千葉地裁で傍聴した監護者性交等の被告人は「娘が誘ってきた」と法廷で述べていたが、刑務所でも同じような言い訳をするらしい。性犯罪により服役することとなった者は受刑者界隈では「ピンク」と呼ばれるが、複数の出所者によればピンクの中でも監護者性交等など自分の娘に対する性犯罪を犯した者たちは「向こうが誘ってきた」と受刑者仲間らに言うのだという。

 被害者である娘は、18歳未満であり、保護者に養育されている状態だ。加害者である父親が逮捕されれば、経済的に不安定となる。また被害者が児童相談所に保護される、両親が離婚するなど、家族の形も変化する。被害者はこういったことを恐れ、被害に遭っても耐え続ける。長期間にわたり性加害が続く理由のひとつであろう。一番問題なのはこうした事情を分かっていながら、自分の子供に本来向けてはならない性欲をぶつけ続ける父親であることは明白だ。だが彼らはほとんどが、被害者秘匿の観点から氏名や住所も伏せられているため、報道による社会的制裁とは無縁のまま、社会に戻ってくる。


★1 ふたつの法改正については、それぞれ以下の記事が参考になる。「性犯罪に関する刑法~110年ぶりの改正と残された課題」、「NHK ハートネット」、2018年10月22日。URL= https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/128/ 「『強制性交罪』から『不同意性交罪』へ 改正刑法がきょう施行」、「NHK NEWS WEB」、2023年7月13日。URL= https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230713/k10014127271000.html
★2 URL= https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=140AC0000000045
★3 高橋ユキ「ジャニーズ性加害問題、改正刑法なら『事件化した可能性ある』 被害者支援の弁護士が指摘する法的課題」、「弁護士ドットコムニュース」、2023年7月1日。URL= https://www.bengo4.com/c_1009/n_16203/
★4 「【特集】父親から性被害の女性 実名で訴え 富山市」、「NHK NEWS WEB」、2024年3月12日。URL= https://www3.nhk.or.jp/lnews/toyama/20240312/3060016199.html(現在はリンク切れ)
★5 高橋ユキ「娘に性的虐待繰り返した「鬼畜父」の呆れた言い分」、「FRIDAY DIGITAL」、2020年9月10日。URL= https://friday.kodansha.co.jp/article/133323
★6 高橋ユキ「娘にわいせつ『さわやかな父』が重ねた体罰、教育虐待、妻へのDV…反省も謝罪もなく」、「弁護士ドットコムニュース」、2022年2月13日。URL= https://www.bengo4.com/c_1009/n_14091/
★7 高橋ユキ「父から性的虐待受けた女子に浴びせられた『ゆるしがたい質問』」、「FRIDAY DIGITAL」、2021年3月11日。URL= https://friday.kodansha.co.jp/article/167461 高橋ユキ「義理の娘に『性暴力か肉体的暴力』の二択迫り続けた鬼畜父の大罪」、「FIDAY DIGITAL」、2021年6月1日。URL= https://friday.kodansha.co.jp/article/183959
★8 高橋ユキ「『一番重い刑を…』実娘に子供を産ませた父親の非道と言い訳の数々」、「FRIDAY DIGITAL」、2022年1月10日。URL= https://friday.kodansha.co.jp/article/223579

高橋ユキ

傍聴人。フリーライター。主に週刊誌系ウェブ媒体に記事を執筆している。『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』(晶文社)に新章を加えた『つけびの村 山口連続殺人放火事件を追う』(小学館文庫)が好評発売中。『暴走老人・犯罪劇場』(洋泉社新書)、『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』(徳間書店)、古くは『霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)など殺人事件の取材や公判傍聴などを元にした著作多数。

1 コメント

  • TM2024/03/29 13:30

    今回触れられた被害者女性が実名で報道対応した件。 間違いなく不快な思いをし、深く傷つけられる選択にも関わらず、耐え忍ぶ同じ境遇の方を思って行動したとおっしゃっていた。 その気持ち、勇気にはっとさせられる一方で、被害者が更に傷ついて被害者を救う図式はなんとか避けられなかったのかとも思ってしまった。   その裏側で被害者を守るための秘匿が加害者をも不可視化してしまう。 隠された加害者は独りよがりな自己防衛を壊されることなく生きていく。 もちろん社会的制裁は時に暴走するわけで、簡単にこの違和感を解消する案は浮かばない。 いずれにしても私は恥ずかしながら想像し切れていなかった裏側であり、今も大変考えさせられている。 ありがとうございました。

コメントを残すにはログインしてください。

前略、塀の上より

ピックアップ

NEWS