社会

社会

想像力を権力に! 1968年5月20日 飛び魚と毒薬(5)|石田英敬

戦争はどこに「写る」のか──ボリス・ミハイロフとハルキウ派(抜粋) 『ゲンロン16』より|上田洋子

暴力に教育虐待 そして「誘われた」と責任転嫁 未成年の家族に性的な目を向ける男たちの共通項 前略、塀の上より(11)|高橋ユキ

カリブ海の記憶と逃走/闘争する奴隷たち──ポスト西洋的な「自由」概念としてのマルーン化|中村達

観光客はテロリストの夢を見るか──ブリュッセル紀行 はみだしアカデミア(1)|青山俊之

なんでもかんでも観察せよ 教授に聞く!(2)|鹿島茂

尼崎事件から「被告人≒非国民」説まで 「そういうものだ」の怪 前略、塀の上より(10)|高橋ユキ

傷と共に走り続ける 当事者から共事者へ(番外編)|小松理虔

楽器が買えなきゃ、踊ればいい。──社会主義国家キューバのリアル|ノア

チリ、希望と絶望の間で──「社会の爆発」に映画はどう向きあえるか|新谷和輝

学問の海に飛び込む 教授に聞く!(1)|石田英敬

手錠+腰縄=犯罪者? 裁判員裁判から導き出された偏見の法則 前略、塀の上より(9)|高橋ユキ

あいまいなチェコの小説家──ミラン・クンデラのコンテクスト|須藤輝彦

2023年 変わったもの 変わらなかったもの 前略、塀の上より(8)|高橋ユキ

演劇に自由はあるのか、あるいは可視化される孤独の問題 ロシア語で旅する世界(12)(抜粋)──『ゲンロン15』より|上田洋子

ウクライナでは戦争と日常が隣り合わせていた──東浩紀×上田洋子「ゲンロンが見たウクライナのいま」イベントレポート

匿名化が損なわせる情報の信頼性──実名と匿名のはざまで 前略、塀の上より(7)|高橋ユキ

性暴力の記事が「目立たなく」なる インターネットの見えざる力 前略、塀の上より(6)|高橋ユキ

熟議はどこまで可能か(後篇)|鈴木寛+東浩紀

熟議はどこまで可能か(前篇)|鈴木寛+東浩紀