世界は五反田から始まった(12) 党生活者|星野博美

シェア
初出:2019年12月27日刊行『ゲンロンβ44』
 残念ながら、文学作品に五反田はあまり登場しない。

 大五反田全域を見渡せば、いくつか見つかる。たとえば向田邦子の『あ・うん』は、祖父が上京後に初めて暮らした芝白金三光町を舞台にしている。三島由紀夫の『宴のあと』。これには白金にあった高級料亭、般若苑が登場する。父は若い頃、お得意さんの金持ちお父さんに連れられ、1度だけこの料亭でごちそうになったことがあるそうだ。

 それから古典落語の「井戸の茶碗」。私は落語にまったく詳しくないが、清貧と人情を主題にしたこの作品が好きだ。主人公である屑屋の清兵衛が「くずーい、くずーい」と声をあげながら練り歩く通りが、「清正公様」の界隈。江戸時代、このあたりに武家屋敷が多数あったことがよくわかる物語である。白金にある清正公、正式名「覚林寺」は、丁稚時代の祖父が縁日を楽しみにしていた寺であり、わが家はいまでもここへ初詣に行く。

 大五反田の円からはわずかに外れるが、「忠臣蔵」で一躍有名になった、赤穂浪士と浅野内匠頭が眠る泉岳寺。ここは、幼少期に祖母に何度も連れて行かれた思い出深い場所だ。

 いずれも残念ながら白金・高輪方面である。

 しかし落ちこむなかれ。昭和初期の五反田、しかも五反田駅界隈を書き残してくれた、意外な文学者がいる。小林多喜二(1903~1933年)だ。
 

 
 

五反田の藤倉工業


 私の小学校時代の同級生、ゆみちゃんの両親がパラシュートを作っていた藤倉航装(旧名・藤倉航空工業)は、昭和14年に藤倉工業(現・藤倉ゴム工業)から分社した。その藤倉工業の五反田工場を舞台に書かれたのが、小林多喜二の『党生活者』なのである。

 と、またしたり顔で話を進めようとしているが、私がそれを知ったのはいまから10年ほど前、いまはもうない五反田のあゆみブックスで五反田関連書籍を探していた時だった。そこは、品川や五反田にまつわる書籍をよくとり揃えた、お気に入りの書店だった。地元史のコーナーをぶらぶらしていると、「五反田の藤倉ゴム工業は、小林多喜二の小説『党生活者』の舞台である」というオビ文が目に飛びこんできた。川上允著、「品川の記録」編集委員会監修の『品川の記録 戦前・戦中・戦後──語り継ぐもの』(本の泉社)という本だった。

 小林多喜二といえば、何と言っても『蟹工船』、そして小樽。当時は五反田のことをあまりよく知らなかったため、彼が五反田を小説の舞台に選んだ理由が理解できず、ただただ驚愕した。

 いまならわかる。五反田に大工場があり、労働者が多数生息していたからだろう。

 新潮文庫版の『蟹工船・党生活者』の解説で、蔵原惟人はこう書いている(昭和28年6月)。

作中の「倉田工業」は作者がかつて関係をもった藤倉電線をモデルにしたものであるが、彼はそれをすでに「満洲事変」が発展していたこの時代の「国策」化された工場の一つの典型として描いている。★1


 この小説の主人公である「私」は小林自身の地下生活者としての体験にもとづいて描かれている。

 



 文芸評論家の蔵原惟人(1902~1991年)は、昭和3(1928)年に全日本無産者芸術連盟(ナップ)を結成して機関誌『戦旗』を発行し、小林多喜二に執筆させるなど、多喜二とは早くから懇意の仲だった。『党生活者』の巻末に「作者附記。この一篇を同志蔵原惟人におくる」と書かれているほど、信頼の篤かった人物である。1929年に日本共産党に入党した蔵原は、多喜二の藤倉潜入の事情をよく知っていたものと思われる(ちなみに多喜二が入党したのは1931年秋のことだった)。

「この一篇」と書かれている理由は、この小説の最後に「前篇おわり」とあるように、多喜二が後篇の構想も練っていたからだろう。確かに『党生活者』は、クライマックスを迎えた物語がいきなりプツンと終わる印象がある。そして後篇が書かれることはなかった。書く前に虐殺されてしまったからだ。

 前記『品川の記録』によれば、この小説の舞台となった藤倉工業の工場は、JR五反田駅から目黒寄りに数分歩いた、現在はポーラ株式会社とNTTコムウェアのビルが建つところにあった。この工場で昭和3(1928)年から飛行機用落下傘(パラシュート)と防毒面(ガスマスク)を製造し始めた。戦争に直結した、軍需工場中の軍需工場である。山手線外回り電車が五反田駅を発車したらすぐ左手側に見える上、ゲンロンカフェからもそう遠くはないので、カフェに行く際はぜひ立ち寄ってみてほしい。
 この小説のあらすじはこうだ。時は満洲事変(1931年9月18日)が起きて間もない頃。藤倉工業をモデルにした「倉田工業」は戦時下の増産体制で、200人の本工(いまでいう正規雇用者)に加えて400人もの臨時工(非正規雇用者)を雇い、受注量の増減によっていつでも臨時工の首を切るという、いま風に言えば極めてブラックな雇用体制を敷いていた。そこへ多喜二の分身と思われる共産党員の「私」が、臨時工として潜りこみ、労働者の権利拡大を求めてオルグをする。無産者階級の覚醒を目指す、いわば宣教活動のようなものだ。しかし特高の監視は厳しいし、工場内にスパイは多いし、女との仲は悪化するしで、なかなか思うように進まない。果たして工場内の無産者階級は覚醒するのだろうか……?

 身分を偽って潜伏しながら、市井の人として生きる難しさ、そして非合法な共産党員としての志の高さと現実世界の厳しさ(要は、金がない)の間で、「私」は揺れ動く。それは多喜二自身が抱えた苦悩の投影でもあろう。このあたりは蔵原が簡潔に述べている。

『蟹工船』で最も原始的な搾取のもとにさらされている未組織労働者のストライキを取扱った彼は、『党生活者』で近代的な軍需工場の計画的な争議を描いている。前者ではストライキの指導者となったものが大衆のうちから自然に出て来た代表であったが、ここではその争議を指導するものが、「私」をはじめとする工場内の共産党細胞である。同時にこの作品は非合法の状態におかれた共産党員の困難で細心な用意を必要とする生活と活動を具体的に示し、日本文学ではじめて共産主義的人間の造形に成功した小説として注目される。★2

多喜二と五反田


 さて、小説にも解説にも、残念ながら五反田という地名は一切出てこない。読者がふつうにこれを読めば、よほどの変わり者でない限り、五反田とは気づかないだろう。私も『品川の記録』と出会わなければ、知ることはなかった。

 ところが、一部の人たちの間で「小林多喜二が五反田にいた」は伝説として語り継がれているようなのである。

 2012年に、私は一族のルーツを追った『コンニャク屋漂流記』を上梓し、その中でも多喜二と五反田の関係に少し触れた。すると母の数人の友達から「よくぞ書いてくれた」とお褒めの言葉をいただいたのだ。

 母の周囲には、元保育士や元看護士で、いまは貧困家庭や生活保護を受ける独居老人のお世話といった、社会奉仕活動を活発に行う高齢女性が少なくない。そして彼女たちの多くは、共産党員である。

「そうか、城南地区の共産党員の間では、誇るべき伝説であったのか」と驚いたものだ。

 その後、日本共産党が発行する「赤旗」から著者インタビューを受けた際にも、記者から「小林多喜二に触れて下さってありがとうございます」とお礼を言われた。

 



 共産党の人々にとって、多喜二がそれほど重要人物だったとは知らなかった。「五反田がらみで注目しただけなんですけど」とは、とても白状できない雰囲気だった。

 ふと思うところあって、『品川の記録』を再び開く。著者の川上氏は、1938年生まれで、東京通信工業(ソニーの前身)に入社し、ソニーの労働組合中央執行役員や書記長などを歴任したあと退社し、1975年から2001年まで日本共産党専従になった人物だった。

 そうか、ソニーだったか……。膝を打つ思いだった。

 大五反田出身の人間──少なくとも、低地側出身の人間──は、ソニーに格別な思い入れがある。父にも尋ねてみたところ、「ソニーは俺たちの誇りだ!」と即答した。

 ソニーと言えば五反田。五反田と言えばソニー。銀座に行けば、ソニービルに立ち寄らずにはいられない。1979年にソニーが画期的な携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」を発表し、世界的ブランドへ駆け上がっていく様子を、大五反田人は目を細めて喜んだ。先進技術大国・日本を象徴する世界的企業が、我らが五反田にある。おそらく、中国で阿里巴巴集団(アリババ・グループ)の本社が置かれた杭州の人たちは、当時の私たちと同じような気持ちではないだろうか。

 余談だが、1986年に香港へ留学する際、私は大枚をはたいて、カセットテープ同士の録音ができる「ダブルカセットウォークマン」を買い、香港に持ちこんだ。香港の学生だけでなく、アメリカから来た留学生たちからも羨ましがられたものだ。

 しかし栄華というものは長くは続かない。業績不振に陥ったソニーは、多くのビルや工場を売り払い、かつて「ソニー村」と呼ばれた面影は五反田から完全に姿を消した。私は羽田空港から自宅へ帰る際、品川駅からタクシーに乗るのだが、ソニーの工場跡地に巨大なタワ-マンションが建設されていく様子を、いつも悲しみの眼差しで眺めている。私にとってそれは、「製造する日本」の終わりの風景なのである。
 戦後の高度経済成長の波に乗り、巨大化するソニーで労働組合に奔走した川上氏は、戦時下の藤倉工業で組織作りに挑んで斃れた多喜二の、いわば後継者のような存在だったといえる。だからこそ、ひときわ多喜二に思い入れが強かったのだろう。

 さて、五反田要素だけでこの小説に反応した私だったが、さらに過剰反応する要素があった。多喜二は1903年生まれで、私の祖父、量太郎と同い年なのだ。そして彼が虐殺される2週間前に、父は五反田で生まれた。つまり多喜二がこの小説で描いた五反田の風景の中で、祖父は実際に生きていたことになる。

 同い年の二人は、雑踏ですれ違いはしなかったか。駅前のビヤホールで席が隣になったかもしれない。同じしるこ屋に立ち寄ったかもしれない……。妄想はどんどん膨らんでいき、多喜二を必要以上に身近に感じてしまうのだった。

 小林多喜二といえば、特高に拷問を受けて虐殺された、遠い昔のプロレタリア文学者、というイメージが強い。しかし祖父と同い年ということは、もし虐殺されずに生き延びていたら、焼け野原も、東京タワーが建設される様子も見たかもしれない。1964年の東京五輪も1970年の大阪万博も、1971年にマクドナルドが銀座に開いた日本第1号店も、1972年のあさま山荘事件も、さらには1973年の第一次オイルショックで発生したトイレットペーパー買い占めも、見られたかもしれない。

 祖父は、それらをすべて見た。見られずに時間が止まってしまったからこそ、多喜二は永遠に変わらない。

党生活者ツアー


 では、実際に『党生活者』を見てみよう。

 これはノンフィクションではなく小説なので、「私」を多喜二そのものと見なすことはできないし、描かれた風景や事柄を事実と見なすこともできない。

 テレビドラマや映画でよく使われる、その土地を象徴する印象的な風景を集め、物語に都合のいいように再構築するという手法がある。多喜二が五反田に来たら、この街のどんな風景に惹かれ、スケッチするだろう? 虚構であることを承知の上で、文中に五反田の気配を探してみたいのである。

 文学作品のよき読者ではない上に五反田コンシャスである私は、共産主義的人間である「私」の内面にはあまり関心がなく、五反田と労働者の暮らしにしか反応しない。それでもよければ、党生活者ツアーを始めよう。

工場から電車路に出るところは、片方が省線の堤で他方が商店の屋並に狭められて、細い道だった。その二本目の電柱に、背広が立って、こっちを見ていた。見ているような見ていないようなイヤな見方だ。私は直ぐ後から来る五六人と肩をならべて話しながら、左の眼の隅に背広を置いて、油断をしなかった。背広はどっちかと云えば、毎日のおきまり仕事にうんざりして、どうでもいいような物ぐさな態度だった。彼等はこの頃では毎日、工場の出と退けに張り込んでいた。★3


 五反田駅近く、いまはワタナベボクシングジムがあるあたりか。この風景の中で、特高が電柱の陰に隠れて共産党員や反動分子の行動を監視していたとは、ワクワクしてはいけないのだが、興奮する。
一般にこの市は(他の市もそうかもしれないが)奇妙なことには、工場街と富豪の屋敷街がぴったりくっついて存在しているということである。今度のところも倉田工業のある同じ地区にも拘らず、ゴミゴミした通りから外ずれた深閑とした住宅地になっていた。それにいいことには、しん閑とした長い一本道を行くと直ぐにぎやかな通りに続いていることで、用事を足して帰ってきても、つけられているか居ないかが分ったし、家を出てしまえば直ぐにぎやかな通りに紛れ込んでしまえるので、案外条件が良かった。★4


 工場街と富豪の屋敷街の共存。まさに五反田最大の特徴である。多喜二もやはり、その点に興味を覚えたらしい。

 そしてその富豪の屋敷街こそ、藤倉の工場を真上から見下ろす池田山だ。4半世紀後に、そこから天皇家に嫁ぐ女性が出ることを、彼は知らない。

はじめ倉田工業と同じ地区にするのが良いか悪いかで随分迷った。同じ地区だと可なり危険性がある。然し他の地区ということになれば交通費の関係上困った。こんな場合は勿論他の地区のほうがよかったが、然し警察は案外私が他の地区に逃げこんだと思っているかも知れない。だから彼奴等の裏をかいて、同じ地区にいるのも悪くないと思った。★5


 多喜二は、五反田に住んだのか? 地下生活のリアルな描写を目指すなら、さほど長い時間ではないかもしれないが、住んでみたのではないだろうか。

 



 彼なら、五反田のどこを選んだだろう? 多喜二の影を追うツアーは次号に続く。

 


★1 蔵原惟人「解説」、小林多喜二『蟹工船・党生活者』、新潮文庫、1953年発行、2003年改版、279頁。
★2 同書、278頁。
★3 小林多喜二「党生活者」、同書、143頁。
★4 同書、175頁。
★5 同書、172頁。
いま広く読んでほしい、東京の片隅から見た戦争と戦後

ゲンロン叢書|011
『世界は五反田から始まった』
星野博美 著

¥1,980(税込)|四六判・並製|本体372頁|2022/7/20刊行

星野博美

1966年東京・戸越銀座生まれ。ノンフィクション作家、写真家。『転がる香港に苔は生えない』(文春文庫)で第32回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『コンニャク屋漂流記』(文春文庫)で第2回いける本大賞、第63回読売文学賞「紀行・随筆」賞受賞。主な著書に『戸越銀座でつかまえて』(朝日文庫)、『島へ免許を取りに行く』(集英社文庫)、『愚か者、中国をゆく』(光文社新書)、『のりたまと煙突』(文春文庫)、『みんな彗星を見ていた―私的キリシタン探訪記』(文春文庫)、『今日はヒョウ柄を着る日』(岩波書店)など、写真集に『華南体感』(情報センター出版局)、『ホンコンフラワー』(平凡社)など。『ゲンロンβ』のほかに、読売新聞火曜日夕刊、AERA書評欄、集英社学芸WEBなどで連載中。
    コメントを残すにはログインしてください。

    世界は五反田から始まった

    ピックアップ

    NEWS