韓国で現代思想は生きていた(17) 日本の本を読み続けてきた韓国|安天

シェア

初出:2016年4月1日刊行『ゲンロン2』

1 読書する日本?

 幼いころ大人たちに、日本は韓国より豊かで先進的な社会だ、という話をよく聞かされた。その理由として、大人たちが常に挙げていたものの1つに「読書」というものがある。彼らは、大体こんなことを言っていた。


日本人は本をたくさん読んでいる。どこへ行こうと本を手もとにおいていて、電車のなかでも、バスのなかでもみんな本を読んでいる。だから社会が発展するんだ。


 この言葉のあとに続く決まり文句は「だから、君たちも本をたくさん読みなさい。時間を無駄にしないで、読書しなさい」である。日本人が自国民に対して持っているイメージと読書がどの程度つながっているかはわからないが、韓国人が日本人に対して持っているイメージは、このように読書と強く結びついている。今もなお「本をたくさん読む人たち」というのが、韓国人が日本人に対して抱いているステレオタイプなイメージの1つとして定着している。

 実際に日本に来て電車に乗ったとき、そのイメージは幾分崩れた。少々拍子抜けしたと言ってもいいかもしれない。車両に乗っているほぼすべての人が本を読んでいる光景を思い描いていたからだ。幼いころの大人たちの言葉を真に受けすぎたのかもしれない。とは言っても、当時の韓国の車両で目にする光景と比べれば、日本のほうが読書する人が多いのは確かだった。また、漫画を読んでいる人が異常に多かったのが特に印象深かった。今では、日本も韓国も、車内の光景は似たようなもので、人々の視線はほとんどスマホに釘付けではあるけれども。

2 韓国の読書と出版の現状

 韓国の大人たちは日本を引き合いに出しながら、僕たち子どもに読書の重要性を強調していたものの、当時の大人たちもそこまで本をたくさん読んではいなかったと思う。さらに残念なことに、今の世代も相変わらず、それほど読書をしているわけではないようだ。

 韓国統計庁が発表した2014年の世帯動向調査結果によれば、世帯あたり月平均図書購入費は18000ウォン程度である。日本円にすれば1800円程度だ。その内訳を見ると「教科書と学習参考書」の購入費が約1万ウォンであり、一般的に「読書」の対象となる書籍は約8000ウォンに留まる。もう1度言うが、これは1人ではなく1世帯あたりの月平均である。図書平均価格(大韓出版文化協会集計)が15000ウォン程度なので、1世帯が2ヶ月に1冊の本を買っている、ということになる(文庫本や新書のレーベルは韓国にはないに等しく、ほぼすべてが単行本だ)。1年間に1世帯あたり平均6冊しか購入していないわけだから、本をたくさん読んでいるとは言いがたい★1

 ただ、書籍発行点数は人口比を考慮すれば、日本とほぼ同じレベルであるようだ。2010年時点で日本の書籍発行点数は約75000点であり、韓国は約35000点である。日本の人口が約1億2000万、韓国の人口が5000万弱だから、1人あたり書籍発行点数は、ほぼ同じか、韓国のほうが若干多い★2

 韓国の人々は本をあまり読まないようだ、とは言ったものの、もしかしたらこれは韓国と日本にしか住んだことのない僕の主観的な印象に過ぎないのかもしれない。世界的に見れば、韓国はその人口に比して出版市場の規模が非常に大きい。日本の調査報告書によれば、人口1人あたりの出版市場規模(年間売上高)は、日本が約15000円、ドイツが約13000円、韓国が約7900円、アメリカが約7500円となっている。その後ろにイギリス、イタリア、フィンランドが続く。比較対象が日本であったために韓国が少なく見えただけで、世界的に見れば読書熱心な部類に入ると言える★3

3 翻訳書籍を読まない日本

 韓国の出版市場には、他の国とは異なる際立った特徴がある。それは翻訳書籍の多さだ。翻訳書籍が、全体の書籍発行点数の約30パーセントを占めている。対象を2015年の年間ベストセラー20位に絞ると、翻訳書籍の存在感はさらに際立つ。翻訳書籍が上位20位のなかに11冊も入っているのだ★4。なんと、半分を超えている。

 日本の2015年年間ベストセラーと比べれば、これが如何に際立った特徴なのかがわかる。日本の場合、日販、トーハンとも、20位内に入った翻訳書籍はジェニファー・L・スコット著『フランス人は10着しか服を持たない』の1冊のみだ★5。割合を見ると、韓国は2分の1、日本は20分の1だから、文字通り桁違いである。

 この差は、読書行動における韓国と日本の違いを雄弁に語っていると思う。以下の記述は、両国での生活経験と前出の数値に基づき、僕が主観的に推測したものであることを勘案して読んでいただきたい。

 よく言えば、日本には日本語で書かれている中身の優れた、または面白い書籍が十分あるために、あえて翻訳された海外の書物を読もうとする人が少ないのだろう。しかし、これは他方で、日本以外のところで作られたコンテンツに接することがあまりない、ということを意味する。日本のなかで流通する情報が、自己完結に近い状態に陥っているという解釈もできるのだ。

 これは、海外に関する情報についても例外ではない。翻訳書籍が読まれないということは、海外の情報に直に接する機会よりも、日本の文脈に合わせて噛み砕いた、悪く言えばあらかじめ取捨選択済みの情報に接することが多い、ということを意味する。したがって、翻訳書籍がここまで読まれない現象は、必ずしも肯定的に評価できるものではない。

4 日本の本でいっぱいの韓国

 一方の韓国は、先ほども述べたように、翻訳書籍が異様に多い。一体、どの国の書籍がどれくらい翻訳されているのだろうか。韓国のある英韓書籍翻訳家が運用しているサイトに記載された情報によると、2012年の場合、翻訳書籍のうち日本の書籍が39パーセントで1位、2位はアメリカの30パーセント、3位はイギリスの9パーセントである。残りは5パーセント以下であり、フランス、ドイツ、中国の順になっている。日本とアメリカが他の国を圧倒しており、特に40パーセントに肉迫する日本が際立っている★6

 これは、前述した韓国の2015年年間ベストセラー上位20冊からも確認できる。20冊のうち11冊が翻訳書籍だったが、その11冊のうち5冊が日本の書籍である。岸見一郎・古賀史健『嫌われる勇気』、齋藤孝『孤独のチカラ』、東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、山口真由『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』、池田大作『青年抄』が順にランクインしている★7。さらに10位内に絞れば日本の書籍が4冊で、韓国の書籍の3冊よりも多いという衝撃的な事実が浮き彫りになる。もしかすると韓国では昨年、韓国の本と同じくらい日本の本が読まれていたかもしれないのだ。

岸見一郎・古賀史健『嫌われる勇気』(インフルエンシャル 인플루엔셜)

5 日本の本を読み続けてきた韓国

 僕の印象では、日本の書籍を好んで読むことは決して最近に限った現象ではない。幼いころ、「男なら『三国志』と『大望』を読め」と周りの人たちによく言われた★8。後に知ったことだが、山岡荘八の『徳川家康』が韓国では『大望』という名前で1970年代に刊行され、長きにわたり「男なら読むべき本」として親しまれてきた。大学時代に、僕に話しかけてくる同級生や先輩たちが、よく戦国時代の武将の名前を挙げるので、どうしてそんな名前を知っているのか訝しがったが、彼らは山岡荘八の『徳川家康』を読んでいたのである。

 1990年代初めには村上春樹、村上龍、吉本ばなな等の小説を韓国の若者がむさぼるように読むようになり、日本小説は、韓国で最も読まれる海外小説としてその地位を確固たるものにした。平野啓一郎、江國香織、吉田修一、恩田陸など、読まれている作家は多岐にわたるが、特に東野圭吾と宮部みゆきは絶大な人気を博している。日本の小説を読むのは、韓国の若者文化における欠かせない要素と化した感がある。

 また、1990年代中頃からは塩野七生の『ローマ人の物語』が大きな反響を呼んだ。政治家、大手企業の経営者といった韓国社会の成功者たちが人々に薦める本の定番になり、韓国で『ローマ人の物語』は「古典」に相当するオーラを醸し出す書物になっている。日本の版元である新潮社のホームページには、次のように書かれている。「日本と同様、現在までに14巻計200万部を超える発行部数を誇っています。韓国の人口が日本の半分であることを考えると、これは驚異的な数字だと言えるでしょう」。★9

 


塩野七生『ローマ人の物語』シリーズ(図書出版ハンギル社 도서출판 한길사)

6 日本の本を読み続ける理由

 どうして韓国では、ここまで日本の書籍が読まれ続けているのだろうか。最もわかりやすい理由を挙げれば、韓国が日本の植民地だったからである。1度植民地になると、植民地という強力な支配体制から脱却しても、その間に身につけられてきた考え方やものの見方から自由になるわけではない。社会的関係や微視的制度は独自の慣性を持っており、植民地から解放されたからといって、それらも一気に機能しなくなるわけではない。いわゆるポストコロニアルの問題である。

 特に、高度の知識は、どこからでも容易く入手できるものではない。日本を頂点とする植民地体制のなかで日本語を通して難解な知識を身につけた知識人たちが、脱植民地後、媒介言語を一気に英語に切り替えて高度な知識を吸収できるものだろうか。いくら彼らが文化資源に富んだ、明晰で優秀な人材だったとしても、それは困難であったはずだ。脱植民地化した後も、新しい知識を得る言語として、日本語は非常に重要な位置を占め続けていたのではないか。僕の推測でしかないが、恐らく的外れな考えではないだろう。僕が思うにポストコロニアルは、何よりも経路依存性の問題である。そして、書籍においても、その影響は今もなお残っているように思われる。

 他方、初期値において経路依存性の問題をはらんでいたとしても、それに大きな変更が加えられることなく維持されてきたからには、解放後の韓国内部にも強力な理由が潜んでいることだろう。戦後日本は素早く立ち直り、エンターテイメント性に富む読み物から学問的価値の高い書物まで、幅広い分野で高いレベルの出版文化を築き上げた。日本とは異なり、内部的にそのような力量を築けなかった韓国は、自前で高いレベルの書物を作り上げるより、翻訳という方法で手早く日本から輸入するほうを選び続け、今に至っている、とも言えるのではないか。

 



 日本の書籍もアメリカの書籍も幅広く読まれる韓国は、日本に比べ、海外の情報や知識に対して開放的であり、柔軟である。しかしそれは、自前でたくさんのコンテンツを作れないことの裏返しでもある。他方、自国のコンテンツの消費だけで十分満足しているように見える日本は、確かに文化的深みのある社会だが、異文化への無関心や鎖国的心性が見え隠れするようで、外国人としては非常にもどかしい。

 いずれにせよ、今後も韓国では日本の本がたくさん読まれ続けるだろう。2015年のベストセラー1位は岸見一郎・古賀史健の『嫌われる勇気』だった。この本は41週間ベストセラー1位になり、韓国の最多週間ベストセラー記録を塗り替えた。80万部を超えたというのだから、100万部到達も時間の問題である。

 書籍翻訳者でもある僕としては、日本の書籍が韓国語に翻訳され続けるのは幸いなことである。しかし、僕がやっている日韓翻訳という仕事が、どのような背景のなかで仕事として成り立っているのかを歴史的に俯瞰してみると、複雑な心境にならざるを得ない。韓日翻訳の道も切り開きたいものだ。

★1 「ハンギョレ新聞」2015年3月26日。URL= http://www.hani.co.kr/arti/culture/book/684221.html
★2 文部科学省調査報告書「平成二三年度生涯学習施策に関する調査研究―読書環境・読書活動に関する諸外国の実態調査」2012年3月。
★3 同報告書。
★4 韓国のオンライン書店「Yes24」の2015年総合ベストセラー順位。「本で振り返る2015年の韓国」、『韓国日報』、2015年12月18日。
★5 「2015年年間ベストセラー」、『週刊読書人』、2015年12月18日。
★6 「韓国には出版翻訳家がどの程度必要か?」 、「Crescendo Bookclub」、2014年2月12日。URL= http://xcendo.net/
★7 池田大作の本は宗教がらみなので、少し特殊と言えるが、客観的事実として韓国にもSGI会員が結構いるのは間違いない。大学時代の同級生にもSGI会員がいた。
★8 男なら野望を持て、という考え方には心底うんざりするが、そういう考え方が韓国社会には依然根強く残っている。でも、過去に比べれば相当マシにはなっている。
★9 新潮社公式サイト内「ローマ人の物語 海外版紹介」 http://www.shinchosha.co.jp/topics/shiono/kaigai.html

安天

1974年生まれ。韓国語翻訳者。東浩紀『一般意志2・0』『弱いつながり』、『ゲンロン0 観光客の哲学』、佐々木中『夜戦と永遠』『この熾烈なる無力を』などの韓国語版翻訳を手掛ける。東浩紀『哲学の誤配』(ゲンロン)では聞き手を務めた。
    コメントを残すにはログインしてください。

    韓国で現代思想は生きていた

    ピックアップ

    NEWS