韓国で現代思想は生きていた(11) 朝鮮戦争は北侵か、南侵か?|安天

シェア
初出:2013年10月1日刊行『ゲンロン通信 #9+10』

1 朝鮮戦争は韓国が起こした?


 韓国のソウル新聞が6月に進学関連会社と共同で歴史に関するアンケートを実施した。対象は韓国の高校生で、その中に次のような設問があった★1

「朝鮮戦争は北侵か、南侵か?」

 あなたならどちらを選ぶだろうか。

 韓国では、その結果に驚いた人たちが多い。一部の新聞やテレビでは大きく取り上げられ、朴槿恵パク・クネ大統領までこの件について言及した。アンケート結果は「北侵」が69パーセント、「南侵」が31パーセントだった。

 新聞記事の見出しは「崩壊する青少年の歴史認識」。表に出た結果だけ見れば、韓国社会に激震が走っても無理はない。「北侵」、すなわち韓国が北朝鮮に侵攻したと答えた高校生が約7割にのぼるというとんでもない状況だからだ。この結果を受け、大統領は「絶対に教育現場で真実を歪曲したり、歴史を歪曲することが起きてはいけません」★2と原因を学校現場での偏った歴史教育に求める趣旨の発言をした。

2 「歴史」ではなく「国語」の問題


 僕はアンケート結果よりも、大げさな記事の見出しとそれを真に受けた大統領の発言のほうに驚いた。なぜなら、大統領の発言は結果を額面通り受け止めたことを意味しているからだ。最近の若者に対してある程度の理解を持っているなら、高校生の69パーセントが「北侵」と答えたという結果をそのまま受け取ることはありえない。普通ならこう思うだろう。高校生たちのほとんどは朝鮮戦争を起こしたのが北朝鮮であることを分かっている。しかし、アンケートは彼らの考えを反映するのに失敗した。なぜなら、彼らに馴染みのない言葉、すなわち「北侵」や「南侵」という言葉を使ったからだ、と。「北侵」とは「北へ侵略する」という意味で、「南侵」とは「南へ侵略する」という意味である。世界史に詳しい人なら「東方政策」や「北伐」などの言葉を思い浮かべるかもしれない。このとき、方角は行動の主体ではなく行動が向かう方向を指す。

 用語理解の問題に違いないというこの推測は、その後に行われた別のアンケートで証明されることとなる★3。そのアンケートでは「北侵」「南侵」という言葉を使わずに、「朝鮮戦争を起こしたのはどちらか?」と中高生に尋ねた。その結果、北朝鮮という回答は89パーセントで、韓国という回答は3パーセントに過ぎなかった。問題だったのは歴史の理解ではなく、やはり漢字語の理解だったのである★4

 確かに教育現場での歴史教育は変化した。僕が小学生のときは、学校で「北傀ブッケの6・25南侵」を糾弾する集会などが開かれ、小学生用の反共映画などが上映された。「北傀」とは「北朝鮮を名乗る傀儡政権」という意味であり、「6・25」は朝鮮戦争の別名である(6月25日に勃発したことからそう呼ばれる)。「南侵」という用語は、こういった糾弾の意味合いを込めた状況で多用される言葉であった。しかし、今はそこまでの「反共教育」★5は行われないし、北朝鮮を糾弾する特別な行事もなくなった。「南侵」という用語は耳慣れない言葉になったのである。

3 朴大統領の反応が有する二つの問題


 最初のアンケート結果に対する朴大統領の反応は、少なくとも2つの問題をはらんでいる。まず、現状認識の欠如だ。この結果を本当に真に受けていたのなら、大統領が思い描いている若者像は現実のそれと完全にかけ離れている。もし、ある程度事実に沿った若者像を持っているのなら、高校生の約70パーセントが「朝鮮戦争は韓国が起こした」と答えたという結果に対して「何かの間違いだ」と直感するのが普通だ。しかし、大統領はアンケート結果を疑うことなく、鵜呑みにしてしまったようだ。いい方向に解釈すれば、大統領は愚直な性格で物事の裏を読もうとするよりは素直に受け止めてしまう面があるのだろう。それなら、時間はかかるが、認識の欠如を埋めていけばいい。

 もう1つの問題は、鵜呑みにした誤認情報への反応である。大統領は教育現場の責任を問うた。これは明らかに「全教組」を意識した発言である。全教組とは「全国教職員労働組合」の略称で、韓国の左派系教員組合である。韓国現代史は、それ自体が右派と左派の一大戦場であり、歴代大統領一人ひとりに対してことごとく評価が対立しているほどだ★6。最近、右派は左派を「従北」と呼ぶことで北朝鮮に追従しているというイメージを作ろうとしているが、大統領の発言はそのような風潮に便乗し「全教組が北朝鮮寄りの教育をしているからこのような結果が出た」と非難しているようなものだ。

 韓国の左派は大統領の父を韓国の民主主義を踏みにじった悪しき独裁者と見做しているため、大統領が娘として彼らの歴史観に拒否感を持つこともありえよう。しかし、いくら韓国の左派と右派が現代史をめぐって熾烈な対立を繰り広げているとはいえ、朝鮮戦争が「南侵」であったことについては共通認識ができている。全教組は教育現場で「朝鮮戦争を韓国が起こした」と教えている、と大統領が本当に思い込んでいるとしたら、それはかなり危険である。間違った認識のもとで教育政策に変更を加えかねないだろうし、何よりも自分とは政治的に異なる立場の人たちに対して寛容的な態度を持つ可能性が狭められてしまう。

 北朝鮮寄りの教育が実際になされているわけではないと知っていながらわざとそのような発言をしたという穿った読みもありえるが、そうなると身も蓋もなくなってしまうので、それは考えないことにしよう。常識的に、そのようなことはないと思われるからだ。

4 遠のく左右対立の解消


 この連載で繰り返し指摘してきたように、韓国社会の左右対立は深刻な水準である。左派と右派は「陣営論理」と呼ばれる色眼鏡を持っていて、現実を構成する様々な情報は「我らの陣営に有利か、不利か」で選別され、評価される。新聞メディアも左派と右派に分かれていて、1つの事態に対して正反対の評価を下すのが日常茶飯事だ。

 今回のアンケート騒動の裏には、韓国現代史をめぐる左右の対立が横たわっている。「設問のまずさ」がアンケート結果をおかしくしただけなのに、大統領がそれを左右対立に絡めて言及したことでメディアが大きく報道する事態になってしまった。こうした話題は国内のみならず、とりわけ日本向けのメディアでも扱われることがある。

 そのため、日本語訳の記事をインターネットで積極的に配信する朝鮮日報と中央日報の情報だけで韓国を語るのは控えたほうがいい。両紙はともに右派系であり立場が偏っているので、それだけで判断すると実際とは関係のない韓国像が出来上がってしまう。

 しかし、今回取り上げた発言からすると、大統領さえも「陣営論理」の虜になっているのではないかという疑いを持たざるをえない。もしかしたら大統領の頭の中では、全教組など韓国の左派は「何をしでかすか分からない、得体の知れない集団」というイメージが出来上がってしまっているのではないか?

 韓国の国会では与党が過半数以上の議席を確保している状況なので、大統領はイニシアティブをもってこうした左右対立を和らげていく方向へと向かうかもしれない、と僕は期待していた。しかし、今回の発言をはじめとする最近の動きを見ると、とても残念なことだが、このような期待は持たないほうがよいのかもしれない。対立を煽って利益を得るのは国民ではなく当事者だけだ。韓国の政治状況においては、高校生を対象とした現状とかけ離れたアンケート結果さえも左右対立の問題に利用されてしまう。大統領にはもっと思慮深くなってもらいたいものである。

 


★1 「危機の韓国史教育」ソウル新聞 2013年6月11日(韓国語記事)http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20130611001015
★2 「南侵、北侵 用語に混乱」Asia Today 2013年6月17日(韓国語記事) http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=826869[編集部注:2022年2月11日現在、記事は削除されている。]
★3 「設問をかえて調査したら」教育希望 2013年6月20日(韓国語記事) http://news.eduhope.net/sub_read.html?uid=15123
★4 韓国語は漢字語が70パーセントを占めているが、文字表記するとき漢字はほとんど使わずハングルだけで行うのが一般的である。その経緯は複雑であり、また、これ自体が韓国を知るための重要な視点を提示する。よって、そう遠くない未来にこの連載で独自のテーマとして取り上げる予定である。
★5 「反共教育」とは北朝鮮の指導理念とされる共産主義の弊害を広く教育することを指す。昔は小学低学年の時からなされ、共産主義に対して感情的な嫌悪感をもたらすような教育であった。
★6 韓国の右派は政治的には反共主義、経済的には成長優先を根幹に据えた、韓国の歴史において主流を占めてきた立場である。一方、左派は80年代に起きた民主化運動の流れをくむ立場であり非主流に属する。政治的にはより多くの自由と平等、経済的には富の再配分を重視している。両者は具体的には北朝鮮に対する政策、経済政策などで対立する。また、韓国固有の地域感情が政治的な葛藤と重なっており、加えて世代間の対立も激しい。結果的に政治言説においていくつもの対立軸が入り組んでいるため、実際には論理や政策だけで左右を区別できるものでもない。  この連載では韓国の左派・右派について再三にわたって詳しく説明してきた。この対立抜きでは韓国の現在を理解するのは難しいからだ。特に「『親日派』問題でみる韓国現代史」(『genron etc. #1』)と「獨島から見える韓国」(『genron etc. #6』)を参照されたい。

安天

1974年生まれ。韓国語翻訳者。東浩紀『一般意志2・0』『弱いつながり』、『ゲンロン0 観光客の哲学』、佐々木中『夜戦と永遠』『この熾烈なる無力を』などの韓国語版翻訳を手掛ける。東浩紀『哲学の誤配』(ゲンロン)では聞き手を務めた。
    コメントを残すにはログインしてください。

    韓国で現代思想は生きていた

    ピックアップ

    NEWS