韓国で現代思想は生きていた(19) 戦後の韓中関係|安天

シェア

初出:2016年11月15日刊行『ゲンロン4』

 昔から朝鮮半島は、大国に囲まれていた。西には巨大な中国大陸が、東には日本列島があり、中国大陸と日本列島の両方から一方的に攻められた歴史がある。19世紀からは、隣国の大国としてロシアが加わり、その後は歴史的な経緯によってアメリカまでが軍を駐留させている。複数の大国に板挟みにされ、大国の動きに翻弄され続けるのが、地政学的に朝鮮半島を条件づけている基本要素と言っていいかもしれない。

 そのなかでも、最近、中華人民共和国の強大化が韓国を悩ませる最も大きな変数になっている。近年においては、アジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加、弾道弾迎撃ミサイルシステムの配備などをめぐる動きで中国との関係が複雑化していることが一層明確になった。そこで、今回は韓国と中国の関係を概観したい。射程を長くとろうと思えば、何千年も前にさかのぼることもできようが、効率よく現在の両国関係を理解するのを目的とするなら、日本で言う戦後から見れば十分であろう。

 太平洋戦争の終戦後、東アジアの状況はダイナミック過ぎて、むしろ混沌としていたと表現したほうがしっくりくる。日本から独立するやいなや、朝鮮半島には韓国と北朝鮮という、2つの国が成立した。戦勝国であった中華民国は、中国共産党との戦いに負けて台湾に逃れ、1949年、大陸には中華人民共和国が成立した。朝鮮半島と中国はともに、それぞれ国が2つある状態になったのである。そして、1950年、朝鮮戦争が勃発する。

1 敵国としての中華人民共和国


 1950年6月25日、完全武装した北朝鮮軍が北緯38度線を越えた。北朝鮮軍と比べて、あらゆる面で脆弱だった韓国軍は、これといった抵抗もできず、開戦3日後には首都ソウルを明け渡し、戦線は日に日に南下していった。北朝鮮軍には中華人民共和国建国後、中国の国共内戦において実戦経験を積んだ朝鮮族兵が編入されたことにより、ベテラン軍人が多かったうえに、装備面においてもソ連の支援を得ており、韓国軍を圧倒した。

 開戦直後、アメリカを中心とした国連軍が韓国側として参戦する。韓国はすでに、地図から消えるかと思われるところまで追い込まれていたが、国連軍の総司令官マッカーサーは、インチョン上陸作戦を敢行し、形勢逆転に成功する。その後、戦線はひたすら北進し続けた。マッカーサーは、クリスマスは本国で過ごそうと、国連軍の主力であるアメリカ兵を激励した。今度は、北朝鮮が地図から消えるかのようにみえた。ちなみに日本は、国連軍の後方支援の役割を担い、特需景気で一気に経済復興が進んだ★1

 一方、国連軍の介入で北朝鮮の敗北がほぼ確実になると、中華人民共和国は北朝鮮側としての参戦を決断し、人民志願軍が鴨緑江おうりょくこうを渡る。形のうえでは正規軍ではない志願軍だが、実態は正規軍であった(毛沢東の長男も人民志願軍として参戦し、戦死している)。中華人民共和国は、自分たちが参戦する前の朝鮮戦争を「朝鮮戦争」と呼ぶ半面、彼らが参戦したあとの朝鮮戦争は「抗美援朝戦争」と呼び、区別している。抗美援朝とは、美国(アメリカ)に抵抗し、北朝鮮を支援するという意味だ。当時の毛沢東は、『春秋左氏伝』の「唇亡歯寒」という四字熟語で参戦の理由を説明した。唇が亡べば、歯が寒くなる──すなわち、北朝鮮がなくなると、中華人民共和国も危なくなる、という論理である。

 人民志願軍による文字通りの「人海戦術」で、朝鮮半島から消えるかのようにみえた北朝鮮の支配領域は回復していった。国連軍の主力であるアメリカ軍としては、歴史的な敗退であった。度重なる戦略的判断の失敗により、国連軍は撤退を余儀なくされ、戦況は北緯38度線付近で膠着、停戦協定が結ばれ、いまの軍事境界線ができあがる。そうして、韓国からすれば、中華人民共和国は朝鮮戦争における敵国、それもあと少しで朝鮮半島に統一国家が実現するタイミングで軍事介入し、分断の常態化をもたらした忌々しい敵国となった。

2 冷戦の推移


 冷戦時代を通して、韓国にとって正統な中国の支配勢力は中華民国(台湾)であり、中華人民共和国は国家として認めなかった。したがって、中国大陸を占領している中華人民共和国のことを「中国」ではなく「中国共産党」、略して「中共」と呼んでいた。冷戦という時代の中で、世界に対する認識には自由主義陣営か共産主義陣営かという観点が優先されたため、中国大陸を実際に誰が支配しているかではなく、どちらが自分たちの味方かで正統な国家を判断していた。それが、現実に基づいた認識へと変わり始めるまでには、長い年月がかかった。

 1971年、アメリカは中華人民共和国を国家と認める方針に転換し、中華民国の代わりに中華人民共和国が国連の常任理事国になる。国連軍の敵として戦った中華人民共和国が、国連の常任理事国になったのだから、世界史的な転換と言えよう。中華民国は国連を脱退し、加盟国ではなくなった。ついでに言うと、韓国と北朝鮮は、はじめは国連に加盟していない。韓国の加盟はソ連が、北朝鮮の加盟はアメリカが反対したからである(したがって、史上初の国連軍は、国連非加盟国同士の戦争に派兵されたことになる)。

 1972年、日本もアメリカに続き中華人民共和国を中国における唯一の国家として認め、国交を結ぶことになり、中華民国との国交を断絶する。その前は、日本も中華人民共和国を「中共」と呼んでいたが、その後は「中国」と呼ぶようになったので、この時から韓国と日本で中華人民共和国の呼称に相違が生じるようになる。中華人民共和国が国連の常任理事国になり、日本と国交を結んでからも、韓国は態度を変えなかった。

 時が経ち、1988年にソウルでオリンピックが開催される直前まで、韓国にとって中華人民共和国は国家ではなく、依然として「中共」であり、「中国」という言葉は中華民国を指す言葉であり続けた。アメリカと日本が1970年代初めに中華人民共和国と関係を改善するようになった一方、韓国が冷戦が終わるまで関係改善をしなかった理由としては、長らく韓国の軍事独裁政権が反共産主義を国是と定め、独裁政治を正当化するイデオロギーとして利用していた点、北朝鮮と中国の関係が緊密であり、韓国としては敵国との関係改善を図る必要性を強く感じなかった点などをあげることができよう。

3 冷戦の終結と北方外交


 冷戦という、長い間世界を2分してきた緊張と対立がやわらぎ始めた1980年代後半、それまで独裁政権によって支配されていた韓国・中華民国・フィリピンなどのアジアの新興国で、ほぼ同時的に民主化が実現する。経済発展により市民たちがより強く自由を求めるようになったこと、長期間にわたり民主化運動を積み重ねてきたことなども重要な要因ではあるが、巨視的に考えたとき、ほぼ同時期に独裁政権が倒されたのは、冷戦対立の構図自体が独裁的な政治を正当化し、支えていたことの傍証であると、私は考えている。冷戦対立という圧力から解かれたとき、一定以上の経済規模に達した独裁国家において民主化が進んだと見たほうがよいだろう。

 日本では昭和が終わろうとしていた1988年、韓国では選挙によって選ばれた盧泰愚ノテウ氏が大統領として就任した。北朝鮮を圧倒する経済成長と冷戦の終息という流れのなかで、盧泰愚大統領は、以前は敵国だったソ連や中華人民共和国などの共産圏国家との関係改善を図る。韓国としては朝鮮戦争以来の外交的大転換であり、以下の一連の動きを韓国では「北方外交」と呼んでいる。

 まず、1988年、中華人民共和国の呼称を「中共」から「中国」に改めた。90年にはソ連と国交を結び、続く91年には、韓国と北朝鮮の国連同時加盟を実現させる。そして、92年、中華人民共和国(以下、中国)と国交を結び、中華民国とは国交を断絶する。日本と中国は1972年に国交を結んでいるから、ちょうど20年の差がある。韓国と中国は、国交樹立からまだ30年も経っていないのである。

 個人的な話になるが、中学2年生だった1988年に韓国から日本に引っ越してきた私は、韓国の反共教育に毒された価値観をもっていたため、同じ自由主義陣営であるはずの日本が中国と国交を結んでいて、さらに日本では中国を象徴するパンダが大人気で、中国について色々話題になっている(『らんま1/2』という漫画で中国が描かれているなど)ことに最初は裏切られた気がしたが、時間が経つにつれて、これこそが自由なのであり、韓国の反共教育のほうが間違っていたことを実感するようになる。

4 北朝鮮問題と中国


 韓国の外交政策において最重要課題は、北朝鮮問題である。朝鮮戦争は、いまもなお休戦中であるに過ぎないし、北朝鮮との対立があるため徴兵制も維持されている。経済、軍事、文化の面で韓国が圧倒しているものの、北朝鮮問題は依然として足踏み状態である。

 そこで、当然ながら韓国は北朝鮮に対し、他国を通じて間接的に影響力を行使するための関係構築に力を注ぐことになる。北朝鮮に対して最も強い影響力をもっている国、ご存じのようにそれは中国である。冷戦終結後、韓国が北朝鮮との関係を見据えながら、将来のリスクを最小化していくための手を打つためには、中国との緊密な関係構築は不可欠なのである。

 この点が、日中関係と韓中関係の最も大きな相違点であろう。日本は中国との関係を考えるとき、韓国に比べれば選択の幅が広い。一方、韓国は北朝鮮問題を抱えており、この問題を主導的にコントロールしていく環境を整えていくためには、中国との関係において選べる選択肢は、日本よりずっと少なくなる。加えて、経済的にも、韓国が日本に比べて中国とより深い関係にあることも重要である。

 そのため、1992年に国交を結んでから、韓国は中国との距離を急速に縮めてきた。いまとなっては、中国を「敵国」と考える韓国人は、あまりいない。中国の主導で2015年に発足したアジアインフラ投資銀行にも、韓国は創設メンバーとして参加している。日本とアメリカは不参加を表明したため、中国に対する韓国の外交方針と日米のそれとの違いが鮮明になった。中国に対して常に日米と歩調を合わせていくのは、現実的ではないという状況が生まれつつある。韓国としては、建国以来の未知の領域に足を踏み入れたことになる。

 中国の存在感が大きくなり、中国独自の価値観に基づく対外的な主張が強まるにつれて、日米と中国との意見の相違が大きくなる傾向にある。それに伴い、韓国はあいにく、どんどん板挟みの状態に追い込まれていく可能性が高まっている。

 2016年7月8日、韓国政府はアメリカ軍の弾道弾迎撃ミサイルシステムであるTHAADミサイルの配備を決定した。当初から中国は強く反対の意向を表明しており、したがって韓国の決定についても、強い不満を示した。韓国政府は、中国との関係が悪化しても、この件に関しては米国との戦略的関係を優先すべきだと判断したのだろう。

 



 板挟み状態は、これからも続くに違いない。もしかしたら、どんどんひどくなるかもしれない。それでも、北朝鮮問題を抱えている韓国としては、どちらか一方を選ぶという究極の選択を回避する道を模索するしかない。それが果たして、吉と出るか凶と出るか、予断を許さない霧の中で、韓国は危険な舵取りを強いられるだろう。悲しいかな、最初に言ったように「複数の大国に板挟みにされ、大国の動きに翻弄され続けるのが、地政学的に朝鮮半島を条件づけている基本要素」なのだ。

★1 日本の経済白書に、あの有名な「もはや戦後ではない」という文言が書かれるのは、朝鮮戦争が休戦してから3年後の1956年である。

安天

1974年生まれ。韓国語翻訳者。東浩紀『一般意志2・0』『弱いつながり』、『ゲンロン0 観光客の哲学』、佐々木中『夜戦と永遠』『この熾烈なる無力を』などの韓国語版翻訳を手掛ける。東浩紀『哲学の誤配』(ゲンロン)では聞き手を務めた。
    コメントを残すにはログインしてください。

    韓国で現代思想は生きていた

    ピックアップ

    NEWS